商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。


ホーム > 女性きもの 商品一覧 > 【日本工芸会正会員】小紋師【藍田正雄】【江戸小紋】着尺 秘蔵極型≪ねじり菊≫【銀座庵別注品】

【日本工芸会正会員】小紋師【藍田正雄】【江戸小紋】着尺 秘蔵極型≪ねじり菊≫【銀座庵別注品】

【日本工芸会正会員】小紋師【藍田正雄】【江戸小紋】着尺 秘蔵極型≪ねじり菊≫【銀座庵別注品】
NEW オススメ 限定品
【銀座庵別注品】
【日本工芸会正会員】小紋師【藍田正雄】【江戸小紋】着尺 秘蔵極型≪ねじり菊≫葵色
・絹100% 大塚 明美 730g
・群馬県指定重要無形文化財保持者  
・藍田染工 群馬県高崎市足門町637-18

◎群馬県高崎市に在住の江戸小紋の巨匠、【藍田正雄】さんにお願いしておりました【江戸小紋】が染め上りました。
こちらはの作品は藍田さんが所有されている希少な秘蔵極型の中より≪ねじろ菊≫の型とお色目を指定し、別染めしていただきました特別な江戸小紋でございます。


古くは武家の隠れたステイタスの象徴・・・・・江戸小紋
オリジナリティ溢れる極上感。
拘り抜いたこの上ない極小の伊勢型紙は神業の証
極め尽くされた手技が染め上げる究極の染め、
藍田正雄さんは江戸小紋作家の中でも最高峰と称される匠です。
群馬県指定重要無形文化財保持者で高崎市足門町に工房を構える藍田正雄さんは江戸小紋の技法を受け継ぐ職人の一人です。
藍田さんは江戸小紋では難しいとされる「縞」の名手として知られ、これまでに文化庁長官賞や朝日新聞社賞などを受賞し、2008年には伝統文化ポーラ賞を受賞するなど、その確かな技は高く評価されています。伝統を受け継ぎながら独自の製作を続ける一方で、江戸時代の伊勢型紙による文様の再現や海外での江戸小紋染めの実演、さらには後進の育成とその活躍は多岐にわたります。
お茶席は勿論、歌舞伎鑑賞、美術鑑賞、音楽鑑賞、お食事会、パーティー、ショッピングなど様々なシーンでラグジュアリー感を演出します。


【江戸小紋の歴史】
江戸時代初期に入ると武家の間では【裃】に意匠を凝らして豪奢にすることが流行りました。しかし幕府が発布した奢侈禁止令「しゃしきんしれい」という贅沢を禁じて質素倹約を奨める法律によって、この流行は規制される事になります。そこで武家が好んだのが小紋の裃です。各大名はそれぞれの定紋を裃に染めさせ、一見無地に見えて実は柄付けが細かい小紋が好まれました。こうして武家の間では柄付けの細かさを競う風潮が生ました。
この柄付けの細かい小紋こそが【江戸小紋】の起源と言われています。
江戸小紋という名称は京都、加賀などの小紋と区別するために昭和30年に決められました。
江戸時代、将軍家を筆頭に各藩は競って特定の柄を定め、シンボルとしました。将軍家の「御召十」、加賀前田家の「菊菱」、薩摩島津家の「大小霰」などが有名で、こういった柄は江戸小紋の伝統柄として、今もよく使われます。
一見すると地味、だがよく見ると溜め息の出るような趣向。。。江戸小紋の気品は、武士のお洒落のたしなみから来ているのです。
江戸中期になると、庶民の間でも着物や羽織に小紋を染めるのが流行り、動植物などを抽象化した粋な柄が数多く生まれました。また、縁起をかついだ「七福神」「宝づくし」などといった遊び心のあるものもあり、こういった柄も今に伝えられ、江戸小紋柄のバリエーションとして、選ぶ際の楽しみとなっています。
・素 材: 絹100%(大塚:明美)1等品730g
・色 柄: 葵色(ねじり菊)
・価 格: 通常価格:648,000円(税込)のところ、◎会員様価格:580,000円(税込)「お仕立て付」でのご紹介です。

【お仕立て上り価格の詳細】
・仕 立: 袷仕立て(単衣仕立て)
・詳 細: ①湯のし ②正絹胴裏 ③正絹八掛 ④特選お仕立て代
・お仕立ては国内の熟練和裁士に限定した特選お仕立てとなります。
・お仕立て上り時期及び納期は寸法確定後、約30日でお届け致します。
・単衣仕立て、紋入、ガード加工をご希望の場合は加工代をお問合せ下さい。
【日本工芸会正会員】小紋師【藍田正雄】【江戸小紋】着尺 秘蔵極型≪ねじり菊≫【銀座庵別注品】
商品名 【日本工芸会正会員】小紋師【藍田正雄】【江戸小紋】着尺 秘蔵極型≪ねじり菊≫【銀座庵別注品】
商品番号 W26802015MAM
価格 580,000 円(税込)
発送日目安 3週間以降
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。
ページの先頭へ