商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。
【3Dセキュア】対応

ホーム > 藤山千春 「吉野間道」 > 【藤山千春】草木染・手織【吉野間道】【緯吉野九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫

【藤山千春】草木染・手織【吉野間道】【緯吉野九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫

【藤山千春】草木染・手織【吉野間道】【緯吉野九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
NEW 限定品
【藤山千春】草木染・手織り【吉野間道】【緯】九寸名古屋帯≪お太鼓柄≫
・絹100%
・草木、動物染料100% 楊梅・臭木・コチニール・藍
・錦霞染織工房 東京都品川区大井5-7-8

◎東京都品川区大井に工房を構える草木染織作家【藤山千春】さんが手掛ける「緯吉野間道」名古屋帯が入荷致しました。
藤山さんのファンならずとも一つは手にしたいと思わせるほどの魅力を持った染織は極上を感じさせる大人の逸品です。
植物染料の矢車附子・鬼胡桃・揚桃・臭木・藍や動物染料のコチニールなど天然染料による染めに拘り、
丹念に手織りされる「吉野間道」作品は唯一無二と称されるほどの完成度の高さを誇る作品となっております。


さり気なく多彩な色模様に釘付けになる染と織の極み。。。。吉野間道「藤山千春」
身に纏うほどに虜になる不思議な魅力
女性の内なる豊かさのごとく情感溢れる温かさ
リズム感のある間道にいにしえからの風を感じる
藤山さんの独自の感性が生み出す染と卓越した織り技で表現された作品です。
シックなお色味が幾重にも重なることで表出するラグジュアリーな逸品として末永く御愛用いただけることでしょう。


【藤山千春】 五十年の足跡 写真集より抜粋
藤山千春さんは女子美術大学工芸科を卒業後、恩師である【柳悦孝】さんに師事し、柳さんの工房で初めて「吉野間道」を目にします。その後、柳さんの下2年間修業した後、ご自身の作品づくりが始まります。
「吉野間道」とは名物裂の一つで、室町時代に南方から伝来した布地を天文年間「足利12代将軍足利義明」の時代に入り茶人が珍重し、紙覆などに用いられました。「吉野間道」の吉野とは、江戸初期の豪商灰屋紹益が遊女「吉野太夫」に贈ったのが名の由来という説もあります。間道は経縞・緯縞・格子柄を総称する織物です。古来よりその美しさに魅了された茶人の千利休・古田織部によって愛好されました。
【お太鼓の柄】

【タレ先のイメージ】

【前の柄】
・素 材: 絹100%
・柄 付: お太鼓柄
・色 柄: 焦げ茶・金茶・ターコイズブルー・白・紅藤色・緑(緯吉野)
・価 格: 価格:486,000円(税込)のところ、◎5%割引の価格:461,700円(税込)「お仕立て付」でのご紹介です。

【お仕立て付価格の詳細】
・仕 立: 名古屋帯仕立て
・詳 細: ①帯芯 ②お仕立て代
・お仕立て上り時期納期は寸法確定後、約15日となります。
・開き仕立てや作り帯を御希望の場合はお仕立て代をお問合せ下さい。
【藤山千春】草木染・手織【吉野間道】【緯吉野九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
商品名 【藤山千春】草木染・手織【吉野間道】【緯吉野九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
商品番号 W27702017M
価格 461,700 円(税込)
発送日目安 2週間以降
個数
 点
在庫  残りあと 1
  在庫の詳細を見る
ページの先頭へ