商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。


ホーム > 男性きもの 商品一覧 > 【白鷹天蚕紬】手織・綾織≪丸の市松≫経糸【座繰り】緯糸【真綿】【本場米琉織物工業協同組合】

【白鷹天蚕紬】手織・綾織≪丸の市松≫経糸【座繰り】緯糸【真綿】【本場米琉織物工業協同組合】

【白鷹天蚕紬】手織・綾織≪丸の市松≫経糸【座繰り】緯糸【真綿】【本場米琉織物工業協同組合】
NEW 限定品
【白鷹天蚕紬】手織・綾織≪丸の市松≫【本場米琉織物工業協同組合】
・着用時期は10月頃から5月頃まで 「袷」
・白鷹天蚕100%
・天蚕繭の生産地 白鷹町深山地区
・経糸 座繰り糸
・緯糸 真綿引き
・生地巾1尺 「約38cm」 「長さ12.2m」
・本場米琉織物工業協同組合之証紙
・織り人 「佐藤新一」  山形県白鷹町中山1954

◎白鷹町の深山地区で飼育された天蚕繭を100%使用し、手織りされた大変希少な「白鷹天蚕紬」が入荷致しました。
白鷹天蚕の「天蚕」は白鷹町深山地区で唯一、一軒の農家さんで飼育、管理を行い、「天蚕繭」を収穫しております。
通常の蚕は桑の葉を食べますが、「天蚕」は日本固有種の野蚕でクヌギの葉を食べて成長します。
「天蚕繭」の収穫量は毎年大変少ない事から、1年に一反分の「繭」が出来れば幸運で、「蚕」が全滅する年もあったり、収穫量が少なく一反分に足りない場合は織られない年もあります。 
2016年度は残念ながら「蚕」がほぼ全滅し、「天蚕繭」の収穫がなかったために白鷹町100%の天蚕紬は織られておりません。
1年に一反にも満たない生産量から通常の流通では入手困難な極めて希少な織物である事から「幻の紬」とも称されております。
こちらの作品は「本場米琉織物工業協同組合」が窓口となり、白鷹町深山地区で飼育された「天蚕繭」を譲り受け、山形県指定無形文化財の板締小絣「白鷹御召」を手掛ける作家「佐藤新一」さんの工房で高機により丹念に手織りされた逸品です。
通常、白鷹天蚕紬は「経糸・緯糸」とも座繰り糸を使用致しますが、こちらの作品は、織手の佐藤新一さんが糸に拘り、経糸は座繰り糸、緯糸に真綿の紡ぎ糸を使用するという初めての試みで生まれました特別な作品となります。
織り柄は「丸の市松」文様を手織りの綾織で見事に表現した究極の「白鷹天蚕紬」です。
作品には「本場米琉織物工業協同組合」が発行した白鷹町深山地区の「天蚕繭」使用の「品質証明書」が付いております。


・湯通し済(酵素練り)
・素 材: 絹100% 長さ12.2m
・サイズ: 生地巾1尺 (38cm) 
・色 柄: 生成り・薄グリーン(綾織:丸の市松)
・価 格: 通常価格:3,240,000円(税込)のところ、◎5%OFFの価格:3,078,000円(税込)でのご紹介です。
◎会員価格はメール、またはお電話にてお問合せ下さい。

◎お仕立ては下記の価格で承ります。(税込)
・湯通し済
・仕 立: 袷仕立て
・詳 細: ①正絹胴裏:7,560円 ②正絹八掛:10,800円 ③特選お仕立代:34,560円
・お仕立ては国内の熟練和裁士に限定した特選お仕立てとなります。
・お仕立て上り時期及び納期は寸法確定後、約30日でお届け致します。
【白鷹天蚕紬】手織・綾織≪丸の市松≫経糸【座繰り】緯糸【真綿】【本場米琉織物工業協同組合】
商品名 【白鷹天蚕紬】手織・綾織≪丸の市松≫経糸【座繰り】緯糸【真綿】【本場米琉織物工業協同組合】
商品番号 W11802017T
価格 3,078,000 円(税込)
発送日目安 1ヶ月以降
個数
 点
在庫  残りあと 1
  在庫の詳細を見る
ページの先頭へ