商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。


ホーム > 琉球の染織 商品一覧 > 【平良智子】【本場首里花織九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫

【平良智子】【本場首里花織九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫

【平良智子】【本場首里花織九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
NEW 限定品
【平良智子】【本場首里花織九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
・着用時期は10月頃~5月頃【袷】
・絹100%
・とも工房 沖縄県

◎首里織の匠、平良智子さんが手掛ける本場首里花織九寸名古屋帯が届きました。
藤色を基調に表現された花織は平良さんのセンスの良さが窺える拘りの逸品です。


匠が織りなす究極の技を纏う楽しみ。。。。本場首里花織
上品な藤色と繊細な花織が魅せる絶妙なコントラスト
一際目を惹く琉球の香り漂う上品な華やぎが女性心を満たす
浮き立つ花織がカジュアルリッチな首里織の世界へ誘います。
小紋、紬、御召などのお洒落着に合わせて、お食事会、お稽古事、美術鑑賞、歌舞伎鑑賞、ショッピングなど
様々なお出かけに活躍してくれる頼もしい帯です。


【首里織と受継がれる七つの織技法】
琉球王朝時代に首里で発展した多種多様の織物の総称が【首里織】です。南方から伝えられたとされる絣技術と中国から伝来したと言われる紋織の技術を取り入れたもので、首里の上流階級や士族の女性たちによって織られていました。
首里織には七つの技法が受け継がれています。
・花倉織「はなくらおり」
・道頓堀織「ロートン」織
・絽織
・首里花織
・手縞
・綾の中
・ムルドゥッチリ「総絣」
花織と絽織の技法を併せ持つ花倉織や、緯糸間隔をつめ、経糸を浮かし経縞のように交互に織る道屯織は沖縄の織物技術の中でも最高とされていました。他に首里ミンサーなどがあります。
【お太鼓の柄】

【タレ先のイメージ】
【前の柄】

・素 材: 絹100%
・柄 付: お太鼓柄
・色 柄: 藤色地・辛子・紺・アイボリー・赤紫・緑・抹茶(花織)
・価 格: 通常価格:199,800円(税込)のところ、◎20%OFFの価格:159,800円(税込)【お仕立て付】でのご紹介です。

【お仕立て付価格の詳細】
・仕 立: 名古屋帯仕立て
・詳 細: ①帯芯 ②お仕立て代
・お仕立て上り時期及び納期は寸法確定後、約20日となります。
・開き仕立てや作り帯を御希望の場合は別途加工代が必要となります。
【平良智子】【本場首里花織九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
商品名 【平良智子】【本場首里花織九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
商品番号 W21902018KT
価格 199,800 円(税込)を
159,800 円(税込)
発送日目安 3週間以降
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。
ページの先頭へ