商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。


ホーム > 工芸染織の逸品一覧 > 【日本工芸会正会員】【木場紀子】【紋織紬九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫

【日本工芸会正会員】【木場紀子】【紋織紬九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫

【日本工芸会正会員】【木場紀子】【紋織紬九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
NEW オススメ 限定品
【日本工芸会正会員】【木場紀子】【紋織紬九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
・金沢市工芸協会理事
・金沢市染織作家協会副会長
・着用時期10月頃から5月頃【袷】
・絹100%
・技法 手織り
・工房 石川県金沢市弥生1丁目33番13号

◎石川県金沢市内に工房を構える日本工芸会正会員の木場紀子さんが手掛ける紋織紬九寸名古屋帯が届きました。
現在78歳になられる木場さんは、能登半島の山々や滋賀県の伊吹山などへ出かけて自然の植物を採取し、その天然植物染料で糸を染め、織っていらっしゃる作家さんです。縞や絣に奥行きを持たせるためにと、すくいの技法を併用されています。
自由な場所に自由に色を入れることが出来るという利点から、地糸より細い絵緯糸を使用し、すくいの部分を複雑な綾織で表現する技法を多用されています。金沢市工芸協会理事として後進の指導や育成にも御尽力されています。


【木場紀子】略歴
・1940年 島根県大田市に生まれる  78歳
・1963年 神戸薬科大学卒業
・1974年 織の勉強をはじめる
・1981年 第28回日本伝統工芸展初入選以後12回入選
・1983年 第20回日本伝統工芸染織展受賞
・1988年 日本工芸会正会員認定
・1990年 「水ぬるむ」金沢市買上げ
・1993年 金沢市工芸協会理事、審査員
・1997年 重要無形文化財保持者北村武資に綾組織指導受ける
・1998年 第35回日本伝統工芸染織展受賞
・1999年 第36回日本伝統工芸染織展受賞
・2004年 銀座・和光ホールで個展
・2008年 第42回日本伝統工芸染織展受賞
【お太鼓の柄】


【タレ先のイメージ】
【前の柄】

・素 材: 絹100%(紬)
・柄 付: お太鼓柄
・色 柄: 黒地・薄茶・白・藍・茶(紋織)
・価 格: 通常価格:432,000円(税込)【お仕立て付】でのご紹介です。
       ◎15周年記念感謝祭の≪シークレット価格≫はお問い合わせ下さい。

【お仕立て付価格の詳細】
・仕 立: 名古屋帯仕立て
・詳 細: ①帯芯 ②お仕立て代
・お仕立て上り時期及び納期は寸法確定後、約20日となります。
・開き仕立て、作り帯をご希望の場合は別途加工代が必要となります。
【日本工芸会正会員】【木場紀子】【紋織紬九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
商品名 【日本工芸会正会員】【木場紀子】【紋織紬九寸名古屋帯】≪お太鼓柄≫
商品番号 W30102018KT2
価格 432,000 円(税込)
発送日目安 3週間以降
個数
 点
在庫  残りあと 1
  在庫の詳細を見る
ページの先頭へ