商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。


ホーム > 夏もの商品一覧 > 《夏もの》手織【南風原花織】《野原俊雄》【九寸名古屋帯】《お太鼓柄》

《夏もの》手織【南風原花織】《野原俊雄》【九寸名古屋帯】《お太鼓柄》

《夏もの》手織【南風原花織】《野原俊雄》【九寸名古屋帯】《お太鼓柄》
NEW オススメ 限定品
◎5月の銀座庵ギャラリー 《夏もの》特集
《夏もの》
手織【南風原花織】《野原俊雄》【九寸名古屋帯】《お太鼓柄》
・着用時期は6月頃~9月頃《単衣》《盛夏》
・絹100%
・技法 手織り
・経済産業大臣指定伝統的工芸品
・沖縄県織物検査済之証紙
・沖縄県伝統工芸品之証紙
・野原織物工房 沖縄県島尻郡南風原町

◎平成29年1月に国の伝統的工芸品にも指定された《夏もの》《南風原花織》九寸名古屋帯が届きました。
南風原花織の産地工房の中でも野原俊雄さんは独創的な作品が多く、都会的な雰囲気の綺麗なお色目の花織も手掛けられる事から当店でも人気があります。夏もの作品は生産数が少なくお気に入りの柄やお色目に出会うのは困難な商品の一つです。


夏の光に調和する清涼感のあるトーンが魅力。。。。夏の《南風原花織》
伝統的な手法で表現されたスッキリ感に心奪われる
センスの良さと情熱をうかがわせる織と拘りのネービーブルー
身に纏うほどに夏のお出掛けが待ち遠しくなるお洒落帯です。
綺麗なお色目の花織をお探しの方には見逃せない逸品となります。
お単衣の紬、御召、小紋から盛夏のお洒落着全般までお使い頂けるとても重宝な夏帯です。


【南風原花織の歴史】
南風原町では、明治の頃から花織の技法を母から娘へ伝承した形跡があり、現在も改良されながら織り続けられています。また古老からの聞き取り調査で、明治後期に織られた花織り手拭を出征する兵士へ贈り、持ち帰ったその手拭を大正初期に使用していたといいます。その後、大正3年4月に南風原村立女子補修学校が設立され、たくさんの村内婦女子が花織、斜文織などを収得し、その技術は先代から伝わる花織の技術も手伝って、喜屋武八織、照屋花織など独自の花織、浮織の技法を確立しました。戦後は、生き残った人たちが貧窮生活の中からあらゆる材料をかき集め、再び織物の生産に励みました。現在もその技術は受け継がれ、伝統的な技法と柄を守ろる意欲的な生産が続けられております。
【お太鼓の柄】

【タレ先のイメージ】

【前の柄】
・素 材: 絹100%
・柄 付: お太鼓柄
・色 柄: シルバーグレー・紫・コバルトブルー・抹茶・水色・薄緑・墨黒(花織)
・価 格: 通常価格:199,800円(税込)
◎5月銀座庵ギャラ― 《夏もの》特集 《夏もの先取りSALE》限定30%OFFの価格:139,860円(税込)でのご紹介となります。

【お仕立ての詳細】
◎お仕立て代はお問い合わせ下さい。

・仕 立: 名古屋帯仕立て
・詳 細: ①帯芯 ②お仕立て代
・お仕立て上り時期及び納期は寸法確定後、約20日でお届け致します。
・開き仕立て、作り帯、ガード加工を御希望の場合は別途加工代が必要となります。
・お仕立てをお急ぎの場合はお気軽にご相談下さい。
《夏もの》手織【南風原花織】《野原俊雄》【九寸名古屋帯】《お太鼓柄》
商品名 《夏もの》手織【南風原花織】《野原俊雄》【九寸名古屋帯】《お太鼓柄》
商品番号 W14502019KY4
価格 199,800 円(税込)を
139,860 円(税込)
発送日目安 3週間以降
個数
 点
在庫  残りあと 1
  在庫の詳細を見る
ページの先頭へ