商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。


ホーム > 男性きもの 商品一覧 > 【黒八丈】《たつみ綾》《草木染》《綾織》【西條吉広】《1尺8分》《広巾》

【黒八丈】《たつみ綾》《草木染》《綾織》【西條吉広】《1尺8分》《広巾》

【黒八丈】《たつみ綾》《草木染》《綾織》【西條吉広】《1尺8分》《広巾》
NEW オススメ 限定品
【黒八丈】《たつみ綾》《草木染》《綾織》【西條吉広】《1尺8分》
・着用時期は10月頃~5月頃《袷》
・絹100%
・生地巾1尺8分 《約41cm》《広巾》
・経済産業大臣指定伝統的工芸品
・黄八丈織物協同組合之証紙
・染色者 《西條吉広》 東京都八丈島八丈町
・織り人  《遠藤 進》  東京都八丈島八丈町

◎東京都八丈島で織られる本場黄八丈の中で大変希少とされる究極の綾織【黒八丈】《たつみ綾》が届きました。
本場黄八丈の「黒八丈」《たつみ綾》は最も入手困難な逸品となりますので全国的にお探しの方は多いかと思います。
1点限りとなりますのでお早めをお勧め致します。


本場黄八丈、受け継がれる伝統の神髄に触れる。。。。染織りの極み「黒八丈」《たつみ綾》
優艶で完璧な美と品格を楽しむ
天然植物染料の「椎」がもたらす独特の艶と迫力
黄八丈染の匠、西條吉広さん渾身の黒、光をうけて浮かび上がる「たつみ綾」の模様は圧巻の一言
お着物好きにはたまらない憧れの大変希少な逸品でございます。
しっとりと上品な深みを感じさせる墨黒は「椎」の草木染料で繰り返し丹念に染められております。
「極上」の一言では語り尽せない「西條吉広」さんの染と、織り手は八丈島でも卓越した技で定評のある「遠藤進」さんが生み出す「たつみ綾」です。 柔らかく抑えめの艶を感じさせる絶妙な織となっております。


【黄八丈】の歴史
黄八丈の歴史は古く、室町時代より八丈島が良質の絹織物を生産することから本土の勢力が目をつけ、江戸時代1604年に徳川幕府の直轄地になると黄八丈は年貢として納められていました。八丈島にはクワの木が多く昭和20年代頃までは養蚕もたいへん盛んに行われていたようです。昭和30年代になると生糸の需要が減り、残念なことに養蚕をやめてしまいました。現在、黄八丈で使う生糸は島外から仕入れています。黄八丈は生糸を精練した後、島に自生する植物染料によって染められています。科学染料が普及して草木染が衰退する中、八丈島では古くから伝わる染色方法を守り通してきました。
【黄八丈の3種類の染め】
黄八丈の代名詞というと鮮やかな黄色ですが、黄八丈の染めには【黄八丈】【鳶八丈】【黒八丈】の3種類があります。
織り方にも【平織】と複雑な織りの【綾織】の2種類があります。
≪黄八丈≫黄染は1年草の「コブナクサ」を乾燥したものを染料にします。八丈島では「刈安」と呼ばれています。
≪鳶八丈≫樺染はクスノキ科の「タブノキ」の生皮剥いで染料にします。八丈島では「マダミ」と呼ばれています。
≪黒八丈≫黒染はブナ科の「スタジイ」の樹皮をよく乾燥させてものを染料にします。八丈島では椎と呼ばれています。


※数十回繰り返し染色した糸の状態を確認される西條吉広さん。
染上りの濃度は染料や染める回数により異なります。


・素 材: 絹100%
・サイズ: 生地巾1尺8分(約41cm)
・色 柄: 墨黒・たつみ綾(綾織)
・価 格: ◎通常価格:972,000円(税込)
◎8月限定《卸事業部》の《工芸染織クリアランスSALE》価格はお問い合わせ下さい。

◎《商品の現品確認》につきましてのご案内
※現在、現品は京都《卸事業部》にございます。
①銀座店舗の店頭で現品をご覧になりたい場合は、事前にお問い合わせ下さい。
②ご自宅で《現品確認》をご希望の場合は、商品代金の《決済完了》後にお手元へ宅配便にてお届け致します。
※《現品確認》の詳細につきましては、メール、お電話にてお問い合わせ下さい。

【お仕立ての詳細】
※お仕立て代はお問い合わせ下さい。

・仕 立: 袷仕立て
・詳 細: ①湯通し ②正絹胴裏 ③正絹八掛 ④特選お仕立て代
・お仕立ては国内の熟練和裁士が担当する上質な特選お仕立てとなります。
・お仕立て上り及び納期は寸法確定後、約40日でお届け致します。


【黒八丈】《たつみ綾》《草木染》《綾織》【西條吉広】《1尺8分》《広巾》
商品名 【黒八丈】《たつみ綾》《草木染》《綾織》【西條吉広】《1尺8分》《広巾》
商品番号 WM13702019KM
価格 972,000 円(税込)
発送日目安 1ヶ月以降
個数
 点
在庫  残りあと 1
  在庫の詳細を見る
ページの先頭へ