商品カテゴリ

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込など各種ご用意しています

万全のセキュリティ

決済にはSSLによる暗号化通信を導入しています。


ホーム > 沖縄の染と織 商品一覧 > 【宮城里子】琉球紅型【藍型九寸名古屋帯】≪神話の里≫六通柄

【宮城里子】琉球紅型【藍型九寸名古屋帯】≪神話の里≫六通柄

【宮城里子】琉球紅型【藍型九寸名古屋帯】≪神話の里≫六通柄
NEW オススメ 限定品
【宮城里子】琉球紅型【九寸名古屋帯】≪神話の里≫六通柄
・絹100%
・工房 沖縄県

◎琉球紅型を手掛ける個人作家の中でも独特な作風で知られる宮城里子さんの最新作「藍型」九寸名古屋帯が届きました。
現在70歳になられる宮城さんは、琉球王国時代の紅型の復元や後進の育成など伝統継承と発展に尽力された染織家として有名な故「藤村玲子」の工房で修行され、1977年に独立し後、約40年の長きに渡り紅型一筋に創作活動をなさっています。
沖縄の自然、文化、風土など多岐に渡るテーマで制作される紅型は多くの着物ファンを魅了する作品となっております。


愛らしいシーサーがもたらす情緒漂う物語の世界。。。。宮城里子の紅型
大人好みの上品な藍型がお洒落心を誘う
淑やかで控えめな色使いがハイセンスな着こなしを約束
鮮やかだけではない落ち着いた魅力を放つ匠の色彩感覚が作品の心情
青地のタレ先が着物を一層引き締め、上質な装いへと導いてくれることでしょう。


【宮城里子】略歴
・1947年 8月28日に生まれ 70歳
・1966年 沖縄県立首里高等学校 染織科卒 大城 貞成紅型工房
・1968年~1972年まで 藤村 玲子紅型工房
・1977年 宮城紅型工房設立
・1983年 第5回沖縄県工芸公募展 最優秀賞を受賞
・1984年 沖展 奨励賞受賞
・1985年 沖展 奨励賞受賞
・1986年 沖展 奨励賞受賞
・1987年 沖展 奨励賞受賞 沖展準会員推挙
・1990年 西部工芸展入選
・1991年 沖展準会員賞受賞 西部工芸展入選
・1994年 沖展 準会員賞受賞 沖展会員推挙
・1996年  西部工芸展 沖縄タイムス賞受賞

【琉球紅型の歴史】
紅型は琉球王朝の保護下で、王朝お抱えの絵師が図案を描き、彫り師が型紙を彫り、それを紅型三宗家と言われる「城間家」「知念家」「沢岻家」を中心とした紺屋が染める形態で首里を中心に生産されていました。それが廃藩置県により自由生産に移行したことで、主産地が那覇に移り、紅型需要が減少し、紅型工房は衰退の途を辿りました。
第二次世界大戦により壊滅的な打撃を受けた首里、那覇では紅型の資料も焼失してしまいました。その中で先祖代々紅型家業を受け継いでいた城間家の城間栄喜氏と知念家の知念績弘氏が戦禍をまぬがれ、終戦後、那覇、首里に戻り紅型復興に取り組みました。
戦禍で諸々の道具、材料、資料などはすべて消失。物資不足の中、紅型製作に必要な道具類、型紙用の紙、染色に必要な生地などは入手困難となっていましたが、「なんとしても復興を!」と願う一心から廃物利用と工夫により、道具類を調達し復興に努めました。
【お太鼓の柄】

【タレ先のイメージ】
【前の柄】

・素 材: 絹100%(花びら地紋)
・柄 付: 六通柄
・色 柄: 白地・藍・青(神話の里)
・価 格: 通常価格:291,600円(税込)のところ、◎割引価格:240,000円(税込)「お仕立て付」でのご紹介です。
☆【新春初夢SALE】の特別価格交渉を承ります。


【お仕立て付価格の詳細】
・仕 立: 名古屋帯仕立て
・詳 細: ①帯芯 ②お仕立て代
・お仕立て上り時期及び納期は寸法確定後、約20日でお届け致します。
・「開き仕立て」やガード加工をご希望の場合は「加工代」をお問合せ下さい。
【宮城里子】琉球紅型【藍型九寸名古屋帯】≪神話の里≫六通柄
商品名 【宮城里子】琉球紅型【藍型九寸名古屋帯】≪神話の里≫六通柄
商品番号 W15902017K
価格 240,000 円(税込)
発送日目安 3週間以降
個数
 点
在庫  残りあと 1
  在庫の詳細を見る
ページの先頭へ